ミネラル水の特徴


スーパーやコンビニなどで、ミネラルウォーターは手軽に購入することができますよね。

普段から、よくミネラルウォーターを購入するという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、このミネラルウォーターは水道水とはどう違うのでしょうか。みなさんは、ご存知ですか。

実は、ミネラルウォーターとは地下水を原料としているお水のこと。

しかし、みなさんが自宅の蛇口をひねって出てくるお水はカルキの混入などの加工を行っています。

それに比べ、ミネラルウォーターは有害な不純物が含まれておらず、体に良いお水として利用されています。

また、ミネラルウォーターはミネラル分が水道水と比べると豊富に含まれています。

そのため、自然のお水を好まれている方にとっては、人気があるお水となっています。

そして、ミネラルウォーターは各地の名水が今は売られていますよね。

各地の名水は、地方によって配合されている成分が異なります。

そのため、味や舌触り、硬さなどが変わってきます。これは、なんだか面白いですよね。

日本のミネラルウォーターの特徴は、カルシウム、マグネシウム塩の量が少なく、軟水ということ。

これから、こういったことを意識しながら、ミネラルウォーターを楽しむと今までとは違った感覚を味わえるかもしれませんね。

また、各地方のミネラルウォーターを飲み比べてみるのも楽しいかもしれませんね。

ぜひ、地方に行くことがあれば飲み比べチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

前の記事